HOME新着情報

ふじ蔵 松葉蟹の販売【2016/11/11~2017/2月末まで】
2016月11月18日

11/6解禁!冬の本松葉がに

徐々に寒さが増していく中、今年もついにカニ漁が解禁されました!
ふじ蔵では、皆様に山陰の味覚「本松葉がに(時価12,000円~)」をご提供しております。
大きな体にぎっしりと詰まった身と、濃厚な味噌が魅力の松葉がには、山陰を代表する冬の味覚です。

松葉がにという名前、実は山陰地方のみの呼び方で、これはズワイガニの雄の呼称です。
福井県では「越前がに」、京都府では「間人がに」とも呼ばれていますね。
ズワイガニの名前の由来は、「楚(すわえ)がに」が転じたものといわれています。
楚(すわえ)とは細長くまっすぐのびた枝のことで、ズワイガニの足がまさに楚のようだということからこの名前がつけられたそうです。
元は同じズワイガニでも、各地方で呼称が違って面白いですね。
ちなみに松葉がにの名前の由来は、「まっすぐのびた足が松葉のようだから」、「漁師が松葉を使って焼いて食べたから」等々、様々な説があるようです。

本松葉がにを食べに、ぜひふじ蔵へお越しくださいませ。
※お客様のご相談に応じて調理いたします。3日前までにご予約くださいませ。

↓クリックで拡大↓
2016蟹